HOME > ご相談の流れ
ご相談の流れ
どうやって会場を選んだらいいのかわからない・・・。
そんな方の為に、会場選びの流れをご紹介♪
まずはスタイルを決めましょう!

ヒアリング
プランナーがご要望を細かくお伺いします。
会場選びをするにはお二人がどんな披露宴、パーティーまたは食事会をしようとしてるのか想像していくことから
始まります。(テーマがどうとかっていう小難しいことじゃなくて・・・)

◆いつ頃したいか?など 時期と日程
時期と日程を決めることで、実際に行う内容や飾り付け、演出のアイデアがふくらみます。
お昼にするのか、夜にするのか。季節は?お二人やご家族の何かの記念に合わせてみてもよいのでは?

◆ご招待されるゲストの人数は?お客様にはどのような顔ぶれの方がいらっしゃるのでしょう?
大人数でやる場合、少人数でやる場合、また会社や上司がいるのか、お友達だけなのか、ご年配の方がいるのか・・・など etc

◆どんなことがしたいか?また逆にしたくないことは?お二人のコンセプトをお伺いします。
お二人が考えている理想的な結婚式のイメージと目的をはっきりさせましょう。これらが決まることで全てのことに統一感がでて、
スムーズに結婚式の準備ができます。

例えば、
イメージ・・・昔ながらの白無垢姿に憧れるなぁ。とか 想いでいっぱいの実家から門出したい。など
目的・・・親から言われて。今までにお世話になった人に“ありがとう”を伝えたい。など

このような感じで、ご相談にこられたお客様に対してのヒアリングを繰り返して、お二人の披露宴のご予算やご希望内容をまとめていきます。


ウェディングスタイル

お二人が考えている理想的な結婚式の
イメージと目的をはっきりさせましょう。
これらが決まることで全てのことに統一感がでて、
スムーズに結婚式の準備ができます。

  • 挙式&披露宴
  • プチウェディング
  • フォトウェディング
  • 海外・沖縄ウェディング
  • オリジナルウェディング


2.プランのご提案

お二人の理想を実現するプランをご提案いたします!
会場選びはここがポイントです!

◆会場キャパとゲスト(招待客)の数の関係!
会場はゲストを全員快適に集客できることが最低条件となるのは言うまでもないですよね。当然どの会場にも集客数には限界がありますから招待客の人数を把握しておくことはとても大事な事柄となってきます。もちろん案内をしてみないと何人来ていただけるかは正確にはわかりません。でもまったく見当がついていない状態で会場選びをすると結果的にゲストに窮屈な思いをさせたり、最悪の場合は会場を変更しなくてはいけなくなったりします。
案内を出して後に会場変更なんてことになれば無駄な費用も労力もかかり大変です。

また会場のパンフレットに表示されてる収容人数なんかは結構無理な人数を表示してあったりします。直接会場に問い合わせても熟知した婚礼担当以外は
パンフレット棒読みで対応しかできませんし、自分たちで見学にいっても実際にどの程度なら余裕のあるスペースが確保されるのかは判断できません。
その状態を体験して把握しているプロに相談するのが正解だと思います。

◆会場キャパとゲスト(招待客)の数の関係2!
たとえば友人が「よさこい」を踊ってくれるとか、バンド仲間がいて余興で演奏してくれるとかいった事は披露宴ではよくありますよね。またスクリーンをつかってスライドやビデオを上映したい等々・・・これも会場のキャパや設備に関係してくるのであらかじめわかっていればそれを考えたうえでの会場選びが大事です。
特にお二人参加型の演出等がある場合なんかは一番注目してほしい部分だと思うのでそこを強調できない会場を選んでしまっては後悔しますよね。

◆ゲスト(客層)と料理の関係性
招待を考えてるゲストの年齢層や男女の比率等を考えてみてください。その割合によって好まれる料理&飲物の内容というのがなんとなくつかめてきます。現在の婚礼料理は大きく分けて和食、洋食、中華の3種類に分類されます。
そしてそれぞれ専門の料理人がいるわけです。ところが県下すべての会場に3料理の職人さんがいるわけではないので、会場によってはいずれか一種類の
料理人しかいないところもあります。なんとか専門外の料理を作ってはいるがやはり専門職のようにバリエーション豊かにはできません。
ですから客層にあわせて料理を美味しく召し上がっていただこうとすると、どの会場がどの種類の料理が得意で味の評判がどうなのか?まで知っておいたほうがいいのです。

◆料金とゲストとの関係性
客層を親族・友人・職場の仲間・上司等目上の方・ご近所・ご両親の関係者といった感じでわけてみましょう。披露宴にご招待すればゲストの方は当然のことご祝儀というお祝いのお金を包んで参列されます。
現在結婚式をしている方でこのお金をまったくあてにしてない方はほとんどいらっしゃらないと思います。このお金を包む内容が上記に上げたような関係性によって違ってきます。ご友人や職場の同僚等は2~2.5万円、会社の上司は3~5万円、親族は3~10万円、ご近所は1~2万円というような感じです。
(高知県の場合)
ですから招待される客層によって会場の料金レベルも考える必要があるということです。たとえば親族中心の食事会等は平均3万円以上が見込めるわけですからお一人様1万5千円くらいのお料理に5千円くらいの引出物を付けても十分おつりがくることになりますが友人や職場の若い仲間ばかりだとそんなに金額の高い会場ではお二人にかなり無理がかかってきます。
客層を把握することで料金的にも適した会場選びができるようになるわけです。

◆料金とゲストとの関係性2
会場選びで相談に来られるカップルの8割強が「どちらでやりたいですか?」という質問に対し高知市内中心部と答えます。お二人ともご実家が高知市内でありご親戚等も高知市内にいらっしゃる場合等はその形でお進めしていくのですが、ご両親や親戚が郡部にいたり、県外だったりする場合も少し内容を考えてアドバイスする場合があります。
例えば新郎の実家が室戸で親戚含め40名がそこから来る。新婦の実家が中村でこちらは80名となった場合。当然この方たちの送迎の心配がでてくるわけです。

市内の会場

市内のバス会社で大型(45名)をチャーターすれば四万十市約13万円、室戸市約11万円かかります。この場合の乗車キャパは補助イスまでつかった場合ですから快適に乗せようとすれば45名が最大となり新郎側で大型1台、新婦側で大型2台が必要になるわけです。市内中心部のホテルは無料送迎バスは完備していないので、当然これが自己負担になるわけですね。

市内の近郊会場

ところが市内近郊の結婚式場であれば無料送迎があります。ちょっと会場を変えるだけで数万円の予算が浮いてくるということです。お金に代えられない価値観がそこにあるならそれはそれでいいと思うのですが…。 こういったことを知らないまま会場を選んでしまっていたらどうでしょう。すっごく損した気分になる方もいらっしゃるのでは?…

◆宿泊手配&駐車スペース
結婚式場が気に入っていたけど宿泊がないからという理由だけでホテルに変更するカップルがいます。その場合、宿泊と結婚式の会場がどうしても隣接していないといけない理由があるのならそれでいいのですが…聞いてみると大抵はそうではないことも。郊外の会場で披露宴をして宿泊は市内中心部のホテルを予約してあげてもいいんです。

逆に2次会の場所に近いところに宿泊をとってあげれば県外のお客様でも道に迷うことなくホテルに帰ることもできていいでしょう。会場と宿泊先との
アクセスも送迎バスを上手に使えば問題なく解決します。

もちろんお二人が披露宴をしたい会場がホテルであれば、そこでのウェディング割引等もありますのでいいと思うのですが、それでも大勢の友達なんかを
泊めるには少し料金が高いホテルの場合は負担になりますので近隣のビジネスホテルを予約してあげれば問題はないと思います。

駐車スペースの問題もありますので宿泊のお客様にはお車でお越しになるのか確認もしながらホテルの予約を考えなければいけなくなります。


3.会場の下見

理想に見合った会場をピックアップし、プランナーがお二人へご案内いたします。

◆ハードも重要だがソフトはもっと重要!
先にもお話したようにCMや見た目だけで会場の良さを判断してしまいがちだと思います。あまり
ホテルや専門式場にいかれたことのない方は当然中身の内容がわからないわけです。そしてハード中心に会場を選んでしまうでしょう。確かにそれも会場選びのポイントの一つです。

ハードを器と考えてみたとき、中身に何をいれようかというのがソフトだと考えてください。ハードにつられて料理やサービスといった部分を無視して会場選びをすると、ゴージャスな袋に入っているけど中身は実につまらないものだったといわれる披露宴になるということです。

ではハードの優れている会場に他は全部持ち込んでいけば・・・そういうわけにはいかないんですね。会場は器のみを貸してくださるわけではありません。料理・飲物・スタッフとが一体化したものを宴会としてご提供しているわけです。公民館とかじゃない限りこれはどこの会場でも同じです。ですからそれらをいっしょに比較、評価しながら会場選びは進める必要があります。

私達は日頃のお付き合いの中でソフトの部分まで踏み込んで会場を把握していますので、会場選びのご相談においてはそういったお話もさせていただいております。

以上がHPでご紹介できる範囲での会場選びでのポイントです。私たちは相談に来てくださったお客様に、ヒアリングからお伺いさせていただいた内容について予想される顧客ニーズや問題点をお伝えしながら適した会場選びを進行するように勤めています。
上記のように考える事や手配する事が沢山あって面倒だと感じるかもしれませんが、それを楽にする為に私達がいるとお考えください。
ウェディングプランナーはお二人にとって身近で便利で頼りになるウェディングエキスパートなんです。

4.アイテムの手配

面倒な作業はすべてプランナーにおまかせ!

5.結婚式当日

結婚式当時もプランナーが立会い、最後までお二人をサポートいたします!