アニバーサリーウェディングプラン

昨今結婚はしても、結婚式は行わないという「ナシ婚」が増えてきています。
「THE披露宴」という、いかにもな感じがイヤという意見や、結婚式自体に魅力を感じないからという理由もありますが、別の大きな理由としては「経済的な理由」というのも少なからずあるようです。

その他にも、そこまで費用をかけて結婚式を行う必要性を感じない、という声も耳にします。
しかし、結婚式というのはお二人のこれからの誓いを立てる場という意味ももちろんありますが、 一方では、今までお世話になった方や、これからお世話になる方々に夫婦二人でご挨拶もかねてご接待をする初めての場、という考え方も一つあるのではないでしょうか。

2人が幸せになるのはもちろんですが、二人を祝福して見守って下さる周りの方達にも今までの感謝の気持ちを表す場であり、また、これまで大切に育ててきてくれた御両親に対しても、これから二人で歩んで行くという意志を表す大切な瞬間となるはずです。
自分たち二人だけの結婚、ということではなく、見守ってくれている周りの方達も大事にしよう、 という周りを思いやる気持ち、感謝の気持ちを持つことも幸せな結婚生活を送るうえでとても大事な要素の一つだと私たちは考えます。

ただ、上記のような気持ちはあっても、経済的な理由が主で結婚式を諦めざるを得なかった人たち、 また特に女性は、やはり心のどこかに後悔が残ると思いますし、男性側もまた、昔から言われる 「ケジメ」をつける、というタイミングを失ってしまうことになります。

「お互い結婚を意識していたから何となく」、「子供を授かったので」というのも
素敵なきっかけの一つだと思います。

しかし、これから長い人生を共に歩まれるお二人。順風もあれば逆風を迎えることもあると思います。
その時に、二人の絆を思い出せるプロポーズの言葉が一言でもあれば、
結婚式で皆にかけてもらった周囲からの温かい祝福の言葉があれば、
また二人でその逆風に立ち向かえるエネルギーになるのではないでしょうか?
その時は必要ないと思うものでも、後々大切さに気付くこともあると思います。

すでに入籍して時間も経っているし…、もう子供もいるのに…
家族の新たなスタートとして結婚式をされるのに遅すぎるということはありません。

このことに気づかされた素敵なエピソードがあります。
結婚して、二人のお子さまにも恵まれたご家族の結婚式をお手伝いさせていただいた時、 旦那様が奥様にサプライズで指輪と共に改めてプロポーズをされたことがありました。
結婚式を終えられてしばらく経ってからその奥様からご連絡がありました。
「この前主人と些細なことで喧嘩したんです。でも、その時ふと薬指にある彼からもらった指輪を見て、彼の言葉を思い出して、するとなんだか怒りがす~っと消えていったんです。」

結婚式をすることによって、思っていてもなかなか普段口に出せない一言を口に出して伝えるチャンスを作る、ということはとても大切なことだと私たちは考えます。

入籍もして家族になったからこそ出来るお二人の新たなスタート、アニバーサリーウェディングを私たちウェディングプランナーりぼんは応援します。

ちゃんとプロポーズをし直したい。結婚式をしたい。写真をとりたい。

そのキモチ…私たちにカタチ作りのお手伝いをさせて下さい。 お二人のご予算に合わせて様々なプランをご提案させていただきます。

ぜひお気軽にりぼんまでお問い合わせ下さいませ。
フリーダイヤル 0120-874-772


>>ウェディングプランナーりぼんTOPページに戻る<<